白髪染めを使って綺麗な髪に染まり、良かったぁと喜んでいたら
頭皮や顔に違和感があった、なんてことはありませんか?

そういう人は、白髪染めに対してアレルギーが出やすいのかもしれません。

白髪染めに出やすいアレルギーの症状とは

よくある症状として頭皮がかゆいや目が赤くなる、酷い場合は顔がパンパンに腫れてしまうということが起こるケースがあるようです。

それらの症状が起こったときは、すぐに白髪染めの使用を中止して、病院で診察してもらいましょう。
そして、医師の指示に従うことが何よりも大切です。

あなたの使っていた白髪染めが、地肌に合っていなかった可能性があります。

たかがアレルギーと侮っていると、呼吸困難などの重度な症状が出る場合だってあるのです。

また、そういう重症が起こる可能性はかなり低く、アレルギー症状があったからと言って白髪染めを諦めるのはちょっと残念な気がしますよね。

そこで、自分の地肌に合った白髪染めを探してみましょう。

アレルギー症状が出るかどうか、チェックしてから使いましょう

アレルギー症状が出る原因は、白髪染めに含まれる酸化染毛剤と呼ばれる化学物質です。

自分が酸化染毛剤に対するアレルギー体質かどうか、調べる方法としてパッチテストがあります。

パッチテストは、白髪染めを使用する48時間前に行うのが基本です。
これは、酸化染毛剤の使用前に毎回行うものと思ってください。

突然、アレルギー症状が出る場合もあるからです。

そこで異常が感じられたら、すぐにパッチテストを中止し、酸化染毛剤も使用しないようにしてください。

ヘアマニキュアやトリートメントタイプの白髪染めなら安心感は高くなる

最近では、アレルギー体質の人でも使用できる無添加で低刺激の、ヘアマニキュアタイプの白髪染めも売られています。

ただし、ヘアマニキュアは自分で根元からムラなく染めるのが難しかったり、3~4週間程度で落ちてきてしまうので手入れが面倒だったりします。

そんなヘアマニキュアを簡単にしたのがトリートメントの白髪染め。

トリートメントの白髪染めは、ヘアマニキュアと同じで髪の外側に色付けするタイプで染料も優しいものが使われているものが多く、トリートメントするようにお風呂で簡単に染められるので人気です。

定期的にトリートメントすることで、色持ちをキープできるし根元からムラなく簡単に染められるのも良い点です。

→ヘアマニキュアと白髪染めトリートメントの違い | 絶対的艶髪主義

アレルギー対策は、気にし過ぎるということはないので充分に気を付けて、自分の肌質に合った白髪染めを探してください。