歳を取ると気になるのが白髪です。

白髪染めを使うのには抵抗があるかもしれませんが、白髪染めとはヘアカラーはどう違うのでしょう。
また、白髪染めの基本的な知識や使うメリットはあるのでしょうか。

白髪染めとヘアカラーの違いとは

黒髪の女性
白髪染めもヘアカラーの一種ですが、その成分が根本的に違います。

ヘアカラーは黒髪を他の色に染めるもの、白髪染めは文字通り白髪を染めるものです。
ヘアカラーは黒髪用ですので、白髪を綺麗に染めることはできません。
染毛力が弱いのです。

一方の白髪染めは、白髪用に作られているので綺麗に染まります。

白髪を自然に染めたいという方は、白髪染めを使った方がいいでしょう。

ではヘアカラーが全くダメかといえば、そんなことはありません。

まだ白髪が少ない間は、ヘアカラーでも充分に対応できます。

その場合は、愛用のヘアカラーを使って自然な仕上がりで染めればいいわけです。
それに、白髪染めはずっと使い続けなければなりませんが、ヘアカラーは一時中断が可能です。

ですが、白髪が増えてくれば早めに白髪染めに切り替えた方がいいでしょう。

白髪が多いと、ヘアカラーではどうしても不自然になるし、早く白髪染めを使うことによって周りの人からも気付かれにくいかも知れません。

そして何よりも、白髪染めを使った方が断然綺麗に仕上がります。

それでは、自分の毛髪をチェックしながらヘアカラーをそのまま使うか、白髪染めに切り替えるか判断してみてください。

いずれはお世話になる物ですから、白髪が気になりだしたら早めに白髪染めを試してみるのも一考です。

白髪染めには種類がある?どれを選んだら良いのか迷わないために

白髪頭を撮影した写真
白髪染めを使用するとき、どの種類がいいのだろう?と誰でも悩むと思います。

では、白髪染めにはどんなタイプがあるのでしょうか。

一般的なのは、ヘアカラータイプの白髪染めです。
このタイプは、髪の表面だけではなく髪の毛の内部も染めることができるため、色落ちがしにくいので数ヵ月も長持ちするうえに一度で染まります。
そのかわり染めるのに手間がかかりますし、髪にダメージを与えやすいなどの欠点があります。

次はヘアマニキュアタイプの物です。
こちらはお風呂で染めることができるなど手間がかかりません。
髪へのダメージが少なく、アレルギー等も心配ありません。
しかし髪の表面だけを染めるので数週間で効果は薄れ、また洗髪すると色が落ちていきます。

そして、最近人気なのがシャンプータイプの白髪染めです。
なにしろ、普段の洗髪と同じように髪を染めることができるのですから、時間がかからず実に手軽です。
ムラになりにくいのも人気の理由でしょう。
ただ一度に染まるわけではありませんし、毎日使わなければならないので経済的に割高となります。

さらに、シャンプータイプと似ているトリートメントタイプもあります。

こちらもシャンプータイプと同じように入浴時に使えるのですから、手軽さが最大の魅力でしょう。

もちろん、トリートメントなので髪の毛は艶やかになるし、シャンプータイプと違って毎日使う必要はありません。

ですがシャンプータイプと同じように一度では染まらず、しかも洗髪することによって色落ちしてしまいそしてシャンプータイプと違って10分以上は放置しなければなりません。

一口に白髪染めと言っても色々あります。

上記を参考にして自分の髪質や頭皮に合ったタイプの物を選んでください。

女性に人気の白髪染めトリートメント使用のポイント

指先に乗せた白髪染め
最近では、白髪染めではトリートメントタイプが人気です。

その理由は、入浴の際に髪を手軽に染められるし髪にツヤが出る。

そして、トリートメントするだけで色持ちをキープできるし、カラー剤独特の匂いもなくトリートメントしての髪のケアも一緒にできる点です。

問題点としては、色の付き方が悪く一度では染まらないので効果がわかりにくいという面があります。

また持続性があまりないため、頻繁にトリートメントしなければなりません。

しかも、トリートメント後に5~10分以上はそのまま置いておかなければならないので、それが面倒だという人もいます。

しかし、それらの欠点を補うだけのメリットがトリートメントタイプにはあるのです。
まずは髪や頭皮を痛めにくいこと。

トリートメントタイプは髪や頭皮にあまり負担がかからないので、髪質を保持できます。
そして、生え際の白髪にもすぐに対処できるという利点もあります。

使用のポイントとしては、まずは何回か使ってみて効果を試してみることです。

同じトリートメントタイプでも様々な商品がありますし、値段もまちまちです。

当然のことながら、高価な商品はそれだけ質が良く、まるで美容院のような仕上がりになる場合もあります。

とはいえ効果には個人差があり、必ずしも高価な商品が自分に合っているとは限りません。

安価な物でも、自分に合っていると思えばそれが最適な商品となります。
試供品などがあれば、それを試してみるのもいいでしょう。

それでは、自分に合った白髪染めトリートメントを探してみてください。

いい商品に巡り合えれば、きっと頭髪にも自信が持てるでしょう。